利益配分に関する基本方針

当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題と位置付けており、株主資本の充実と長期的な安定収益力を維持するとともに、業績に裏付けられた適正な利益配分を継続することを基本方針としております。

また、内部留保金につきましては、新規事業の開発を含め、事業の拡大や積極的な技術開発などグループの競争力を強化するための投資に充てることにより、業績の向上に努め、財務体質の強化を図るなど努力を重ねてまいります。

配当金の推移

*2018年3月期の年間配当金である1株当たり18円の内訳は、普通配当金16円、記念配当2円となります。

** 2013年3月期の年間配当金である1株当たり15円は、2012年10月22日付開示の「株主割当による新株式発行に関するお知らせ」に記載のとおり、発行済株式総数に対して1:1の割合で株主割当を実施するにあたり、2013年3月期の連結業績動向が順調に推移していたことを踏まえ、株主の皆様への利益還元を総合的に勘案し、増資前の1株当たり配当金の50%増に修正したものです。

また本件につきましては、2012年10月22日付開示の「配当予想の修正に関するお知らせ」にも記載しておりますので併せてご参照ください。